2017年8月25日 (金)

小泉進次郎の富裕層の寄付で子ども年金見

小泉進次郎の富裕層の寄付で子ども年金見て、インドネシアの有力政治家が断食月に自宅前で喜捨をしようとして人が殺到、僅か数百円を得ようとして犠牲になった事件を思い出した。寄付で貧困問題は解決しない、という以前の悲劇だけれど。

2017年8月23日 (水)

借金、学費、奨学金。

■元SEALDs 諏訪原健「奨学金残酷物語 家庭崩壊した25歳の女性の苦悩」
(AERA dot. - 08月22日 07:02)

2017年8月22日 (火)

書簡集を読む その3

 1921年2月18日の手紙の中で、レーヴィットはハイデガーに次のように問う。
「私の(論文発表の)印象は、どんな印象だったでしょうか・・・
 いったい先生はどう思っているのでしょうか。私は哲学者になる素質があるでしょうか。つまり、素質というのはどんな哲学者に役立つものでしょうか。確かにそれは、結局は、私自身が答えを出せる、うぬぼれの強い、子供のような問いにすぎないのですが、やはり私には、ある人間を知っている批判的人間の判断は価値がないとは言えないのです。私には、内面から溢れ出てくる思想の創造性というものを感じ取ることはできません。また、私は、思想に必要とされる、いわゆる、冷めた情熱にどう対処すべきか、全く分かりません。私は、ハンマーでもって哲学することはないので、いったい何でもって哲学すればよいのでしょうか。おそらく、最もうまい言い方をすれば、内面的な不満足とか、明瞭さへの要求とか、好奇心ということになるのでしょうが、考えなければならないということは、私が生きているということに属しています。それでも、圧倒的な力で私を決まったこと、つまり、その決まったことの方へと駆り立てることはありません」
 
 それに対して、ハイデガーは次のように書く。
「私ががっかりしたのは、あなたが掘り下げをほとんどしなかったことと、あまりにも多くのことを盛り込もうとしすぎたからです。私には、そもそもそれがあなたの欠点であるように思えます。あなたは、本来の研究にもっと打ち込めるということは、今日十分わかっています。あなたは、今読んでいる物をもう一度しっかりと読まなければならないという経験をいつかすることになるでしょう。もちろん、最初の方向づけは曲げられることはないでしょうが、それが全面的に広がるというほどにはならないでしょう。そういうことがあなたに当てはまるという印象を私は持っています。生き生きと哲学することに突き進み、それに沿ったことを履行することは今日では特に難しいのです。したがって、あなたは中途半端に研究するのではなく、哲学する行為それ自体の中に反省を溶かし込ませておいてよいのです。哲学は余興ではありません。人はそれが原因で身を亡ぼすこともあるのです。その危険を冒さない人は、哲学にはたどり着けないのです」
 その後の手紙(1921年2月26日)で、レーヴィットはあからさまにフッサールの批判をする。
「フッサール自身、彼が立てている高い要求にもかかわらず、最初から私にとっては問題ならなかったし、私が2学期にいきなり何度もフッサールの哲学的なやり方に対する強い反発を先生に言い表したことを先生も覚えていると思います。フッサールは根本において偉大な哲学者ではないし、彼をカントと同等とみなすことは大きな錯覚であるし、彼の考え方全体は果てしなく現実離れしていて、非生命的で、学者だけの論理だということは、今日、私には非常にはっきりしています」
おそらく、フッサールに対する批判は、ハイデガーも共有していたので、レーヴィットもこれだけのことが言えたのであろう。
 ここで、1920年頃までに至るハイデガーとフッサールをとりまく動向をざっと確認しておきたい。
 ハイデガーは、1909年の秋にフライブルグ大学神学部に入学しているが、二年後に、神学部教授たちが、ハイデガーのカトリック理解が「新しすぎる」と判断していることで、自分にとって神学部での先行きがないのを悟って、一時、理学部に籍を置いた後、1912年の春に哲学部に転部する。リッケルトの演習でエミール・ラスクを読み、そこにフッサールの大きな影響があることを知り、フッサール【特に、『論理学研究』】に関心を持つようになったと言われている。1915年に教授資格論文≪ドゥンス・スコトゥスの範疇論と意味論≫が認可されたが、その直後に戦地に応召するも、体調不良ですぐに帰郷する。1916年にリッケルトがハイデルベルグ大学に転出したのと入れ替えに、フッサールがゲッティンゲン大学からフライブルグ大学に来て、直接、現象学を学ぶ機会を得る。
 しかし、ハイデガーはフッサールの現象学から、いったい何を学んだのだろうか。基本的には、現象学は意識に現れるものだけを忠実に扱おうとするが、その現象を我々の意識がどう構成するのかを徹底的に問おうとする。しかし、他者を主観性から構成しようとする試みは、『デカルト的省察』で失敗したと言われている。物を扱っているときはよいが、主体性を持つ他者を構成するという不可能な壁に突き当たったからである。いずれにせよ、徹底的に自分の意識をよりどころとするフッサールの手法は、デカルト、カントの流れを受け継ぐものであり、主観と客観の二分を前提とする近世の認識論の最後に行きついた到達点であったともいえるのである。
 他方、アリストテレスや中世のスコラ学派に通じているハイデガーからすれば、フッサールの提唱する現象学は、所詮、西洋の伝統の一部を押し広げるものでしかなかったのである。
このことは、ハイデガーの次のような発言でも確認できる。
「ところが、私にしてみれば、現象学の中でのひとつの方向、まして、新しさなどどうでもよいことだったのです。私が試みていたのは、むしろ逆に現象学の本質をもっと根源的に考え、そうすることで現象学を、それが西洋哲学に属しているということの内へ改めて差し戻してみることでした」【『言葉についての対話』より】
 このことは、いわゆるブリタニカ論文でも、同じ趣旨の現象学の位置づけを確認できる。
 ハイデガーは、現象学を通して、巷に行き渡る、諸説や解釈に惑わされることなく、そこにあるものをそのままに受け取ろうとする。それは、とくに、トマス・アキナスを含めて、それまでの権威あるアリストテレス解釈に影響されることなく、自信をもって原典を読みぬく姿勢を徹底的に貫いていくことこそ、「事象そのものへ」ということの意味であると確信したと思える。それは、言い換えると、歴史の中で付着した言葉の「垢」を振るい落として、言語が湧出する始原に戻って思索する姿勢こそ、ハイデガーの取得した現象学的手法と言えるのではないだろうか。ハイデガー自身の言葉を引用すれば、
「フッサールの教えは、現象学的に≪見ること≫を一歩一歩訓練するという形で行われた。この場合の≪見ること≫は、同時に、哲学的な知識を吟味しないまま使用することを辞めるということを要求し、さらに、偉大な思想家たちの権威を会話の中に引き入れることも断念せよ、と要求した。しかし、私は現象学的に見ることと親しむ度合いが増し、アリストテレスの著作の解釈が判然とすればするほど、ますますアリストテレスやその他のギリシアの思想家たちと離れられなくなっていった」
 結局、意識や主観という中心点が、生ける事実性の経験に揺さぶられる現存在と置き換えられた時、自我はもはや世界を構成する基点ではなく、存在の語りかけに耳を傾ける「従者」の立場に収まるのである。
 こうして、哲学史をハイデガーなりに存在論的に解体していく読みが始まったのである。

2017年8月20日 (日)

あれ?イヌコネクションと打ったつもりが

あれ?イヌコネクションと打ったつもりが、イヌコレクションになってる。あれ?コレクション?コネクション?

2017年8月18日 (金)

BOMBERの真価を問え

飯テログランプリ名誉顧問暴れるKより最後に一言

次回第二回飯テログランプリは9月の3連休に行う
その際初日である16日は今回のディフェンディングチャンピオン
の黄金ヤキソバがワイルドカードで出場できるものとする。
残り2枠は一般公募で各企画会社に案件を募りたいと思う。
尚、大会規定14条により、今大会優勝、またはそれに準ずる成績
をおさめられなかったものについては、飯テロSEASON1が終了するまでの間、出入り禁止とする

以上、またの機会をお楽しみくださいませ

さて本日金曜日の営業が迫ってまいりました。金曜の代名詞
にご注目。お盆は終わっても取材で魅せるMEGAクオリティー
本日存分にお楽しみアレ

PACHISLOT
GOLDENBOMBER
金曜の定番


PACHINKO
金嵐
初開催
勢いそのままにお楽しみください
GOLDENBOMBER開催3月目
そろそろボンバーの真価を問うとき

2017年8月17日 (木)

頑張ろう そう思う度
形のないものが すり減ってゆく
自分の中で 募り募っていった
小さな感情達を
言葉にすると 全て嫌になってしまいそうで
自分の中 探り探り 繋いでいく

パワー系保定

8月15日に診察を終え、2階へ上がると、
寝室のサークルに入れておいたチビワンコが駆け寄ってきた。
しかも寝室の扉も開いている。
サークルのロックのロックをし忘れ、開けて出たらしい。
イヤホン破壊、エアコンのリモコン破壊、

扇風機のリモコンも破壊、
ェも破壊。

単4電池が1本ない!
探すも見当たらず。
仕方ない、レントゲンを撮ろう。

まずは、一番怪しい6号ちゃんから。
初めてのレントゲン撮影、撮影台の上で激しく抵抗。
これを1人で抑え込む笑
ふつうは、前足と後ろ足それぞれ1人ずつで保定するのね。
条件が合わず不鮮明。

再度挑戦。ボクの頭部、被爆笑
6号ちゃんの背骨も曲がっているし、苦労がうかがえるでしょ?
もっと鮮明に撮りたいけど、多分、電池はない。
次は胸ちゃん。

ないなぁ〜。
ってか、腹部をメインにしないと。

胸ちゃん、結構お利口だった。

7号ちゃん、今度は後ろ過ぎた。
最後は5号ちゃん。
ここで思わぬ抵抗にあう。

多分ない!笑
みんな取り直したいけど、シャツが絞れるくらい汗をかく。
ないと信じよう。
2日経ったけど、ウコにはプラスチック片しか出てこず。
デジタルレントゲンでよかった。
さすがに手現像だと撮る気がおきん。
同じに日にフィラリア予防の薬を飲ませて、4時間後に嘔吐。
誰が分からず。
複数飼いしていると何かあった時に、
1つのグループとして対応しないとならないので、大変。

2017年8月16日 (水)

soompi東方神起アジアプレスツアー記事東方神起TVXQ

soompiプレスツアー記事

東方神起は、プレスツアーを開催し、フルグループとしての活動を開始する

韓流スーパースター東方神起は、アジアのプレスツアーで2年ぶりのグループ活動を開始する。

8月18日にチャンミンが軍から除隊した後、グループは8月21日にソウルをはじめ、8月22日に東京と香港で東方神起!アジアプレスツアーでめぐります。

東方神起は、2年前に軍隊に入隊して以来、フルグループとしての東方神起初の公式活動となります。このように、これらのイベントのためにファンだけでなく、報道関係者から多くの関心が寄せられることが期待されます。

東方神起は2003年にデビューして以来、一貫してK-POPのリーダーとなっています。彼らは2015年に韓国の特別チャートRISEASGODを2015年に入隊の直前に制作し、2012年から2015年の間に記録的な2億7500万人のコンサート参加者を日本だけで動員して人気を証明した。

一方、チャンミンは8月18日に軍から除隊する予定で、ユンホは今度のウェブドラマメロホリックの撮影を終えたばかりだ。
人気ブログランキング

禅タロットカード雲10再誕生

こんにちは!
ご縁あって素晴らしい
infinity師匠からタロットカードを
学ぶこ事になりました
Parca(パルカ)ことHarukaです
山奥の休憩から
帰って来ました
まったりとした
ゆっくりした時が
流れていました
ゆっくりし過ぎて
しんどかったり
後半
親戚も合流して
家族親族の愛を感じて
絆を再確認したり
魂が癒されたかも
今の気持ちを
禅タロットカードに聞いてみました
出たカードは
解説そのものです。
怠惰で、自己満足しています。
が、実は、あまりにも他人の意見を気にしすぎて、自分自身のエネルギーはほとんどありません。
これまでずっと生を見逃してきていたことがわかったとき、他人の要求に対してノーと言いはじめ集団から抜け出し、独りで、誇り高く、自分たちの真理をうなりをあげて吠える。
しかし、最後には、おとなしく従うこともなければ反逆することもなく、それでいて無垢で、自発的で、自分自身の実存に真実である子どもが現われ出ます。まさに今、あなたがどのようなスペースにいようとも眠くて憂欝であろうと、あるいは吠えながら反逆していようとそれを許しさえすれば、それはなにか新しいものへと進化していくことに気づこう。

これが課題?

今はただ
家族みんなが
狭い自宅に帰宅して
自宅がいちばん
くつろげるー
っと、ホッとしています

炎の力における掛詞

炎の力光の力
闇に紛れて走る者共を銀の月の粉で捜せ

幸いなるかな在りて在る御方はその月にて
見守っておいでである
光の黙示録232頁より

何はともあれ、炎の力を提示する際、炎、581を、pyrである
力、71に掛ける。もちろん建比良鳥の比良鳥は、
所謂火の鳥を含意する。ナツメ椰子、900を。夏232に照応

ところが夏、232は、Iyor、322である。
心月陰陽宮である。したがって建比良鳥の比良が、
炎、581ならば、まさしく比良鳥火の鳥は、
十陰陽宮、581を表す。これは、かなり興味深い。

«この人は何やりたいのか解らない