« 挑戦すると運命が変わっていく | トップページ | 北海道&東日本パスの旅-苫小牧編 »

2017年8月13日 (日)

栄枯盛衰フカダック

 我が家で長らく使用している涼風機が不調である。この夏は水を充填せずに単なる扇風機として使っているのだが、ルーバーは動くのに肝心のファンが回らない。しかも不思議なことに回る場合もあるという厄介な症状。配線の接触不良なのかもしれない。
 教会から戻り、部屋の整理ついでについに意を決し、分解を試みた。幅40センチ、高さは70センチはあろうかという代物なので、捨てるにしても工夫が要る。
 ネジ6本を外したが後部カバーが剥がれただけでコード類は見えない。倒したり引揚げたりしたので、この状態でスイッチを入れてみたらなんと動くではないか。昔の真空管式のテレビ、映らなくなったらガタイを叩けば治った時代を彷彿とさせる。
 そんなわけでまだ使えるのでこの夏は頑張ってもらうことにした。それにしてもこれ、ずいぶん昔からある。製品名をググってみたら2003年らしいから既に14年経過である。夏場だけの私用とは言えこれだけ保てば上等ではないか。
 ついでにネットで調べてみたら、、、この会社は2014年9月に倒産していた。
https://matome.naver.jp/odai/2140974216850233301
 経緯を見るに、いくつかの製品で火災事故等が発生してリコールを重ねている。それが売り上げ不振に拍車をかけた節がある。この製品も大丈夫だろうか、不安になってきた。
 私たちの知らない間に、多くの中小メーカーが生まれては消えている。東芝やシャープでさえああなのだから仕方がないのだろうがその陰で多くの人生が狂っていく。
 教会で礼拝後に持たれた交流の場「コイノニア」。Nさんの壮絶な人生の戦いを聞いた。翻って、今日も無事に送れたことの幸せを想う。

« 挑戦すると運命が変わっていく | トップページ | 北海道&東日本パスの旅-苫小牧編 »