« 今年は楽ちん! - ひと言日記 | トップページ | はるかなレシーブ »

2018年9月15日 (土)

調子に乗って書きすぎてダウン、

独りでなにも考えず、のんびりしてればよかったのに、

ブログ書こうかと始まって、調子込んで深い話に夢中になっちゃってたら、頭が重くてダウンしちゃってた、

おとなしくしてりゃよかったのにね、、、

で。。。、このブログって、前に中途で終わったやつが復元されるようで、

なら、せっかく書いてたんだからと、その、中途までのやつを載せてみようと思いました、


今日はずっとピグに入らなかった、

朝早く起きたけど、あれこれやってそれからすぐに眠くなって、ちょっと横になったら目が覚めたのが午後の1時すぎ、とかだったかな、

じっくり寝れたのはよかったよ、寝起き直後ってのが一番、気持ちが重くなく、スッキリ出来るし、


ふと気まぐれが起こってね、マザーテレサの名言をちらっと思い出したんだ、何の脈絡もなくに。

有名なのが、ほら、これだ


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。


ってやつだよね、

これって、全部を1つでまとめて、短絡させて言っちゃうとすると?

思考に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

ってことかな??

運命って、キリスト教と関係のない言葉だったような記憶があるんだけど、違ったんだっけかな、

ここでふと思ったんだけど、

もしかして、訳し方を間違ってるのでは??!、って

いつか性格になるからってのまでは、これは流れとしてすごい、なるほどって教訓と出来るものだけど、

運命ってなんか、おかしいよね?、これ、前もって定められてしまっていることっていう解釈では、いけないのでは?、

この単語を使っちゃダメなんじゃない?、とか思ったんだけど、

そうそう、Prideプライドって単語を自尊心と訳すっていう、これも俺は、おかしい?、と思ってるんだけど、

Fateフェイト、ってのだって、運命ってことでも、なさそうに思えたりな〜、、、

あ、そもそも、テレサさんこの文章、ご自身で喋ったときが英語だったんだかどうかか、

それもわからないや、

で、テレサさんの名言ってことで、暇にあかしてググってみて、先頭に出てきたサイトに、ほかの名言までいろいろ載ってたんだけど、


このページを、ほら、例によって頭が重くなる前、気が疲れて沈み始まる前まで読んでいったところの中で、想うところのあった名言が2つ、あったんだけど、

書いていったのを見直してみると、結局最後はまた、愚痴見たくなっちゃった、

1つが

愛の反対は、憎しみではなく、無関心、である

ってやつだ、

この1つからも、ちょっと哲学的なあれこれの斬文を書けそうだよね、哲学オタクなら喜んで飛びつきそうだ

誰かを憎む人ってのは、その人に対して積極的な関心を払っているっていう点で、無関心よりは少なからず相手への配慮があるんだ、とか??

あとは、テレサさんは、あちこちの困窮した人たちに癒しをっていう点で常に周囲に助けを求めていたに違いないだろうから、

そういうテレサさんへの声掛けに対して、きっとかなり多くのえ〜〜またぁ??、いい加減にしてくれよみたいな返答を山ほどもらってきただろうし、

この点での無関心、っていう意味でテレサさんは、そういう無関心さに常にガッカリさせられ続けてきた生涯を総じて、

憎しみ、よりも残酷だ、

ってことを言いたくて、こういう言葉に形作られたんだろうな、とかも思ったよ、

これは実は、俺もネットで相談室を長年やってきて、かなり似通った体験を数知れず繰り返してきている。

あなたほど、本気になれないからなぁ〜〜。。ってね、

ま、これは、仕方ないこと、いや、もっと言って、当然のこと、でもあるんだよね。

キリがなくなっちゃうんだからねほんと、

いいかげんって言葉はいつも、悪い意味で使われるけど、ちょっと突っ込んだ形で言い換えて

良い加減、

人は、背負いきれないほどまでもな責任をすべて引き受けるような、ある意味傲慢な気概は持ってはいけない、

自分の善意を発揮する上でも、その点での限界というものは、自覚しておくべきだ、

その度合い、ちょうど良い加減、までは、頑張ってみる、これが、人としての分であって、そこまでで良いのだ、

みたいな解釈なんだろうと思う。

仕方ないんだよねこれは、そして、わきまえるってのも、大事なことだ、


あともう1つ、

貧しいことは美しいことです

っていう言葉、

おぉ〜〜!、俺って美しいんだろうか??!、だなんて、ちょっとワクワクしちゃったよ、あはは

個人的な話なんだけど、俺は、木村拓哉とか、菜緒とか、この二人、嫌いなんだよ、、

勝手な先入観のみで、なんだけど、

この二人はきっと、このテレサさんの言葉を言われても、ぜ〜〜〜ったいに、

はぁ。。。?、ま、そ、そうだよね、うんうん

みたいな返事しか、出来ないような生き方や性格をしているだろう、って

木村さんが何かにつけていつも、無表情だったり顔をしかめるような雰囲気ばかりだったりな画面だって理由もきっと、

自分に対する待遇面での不満、があるからだろう、って思っていて、そしてそれは、

弱い、ってのがどう辛くて苦しいのかを、半世紀近く生きてきているのに、全然知らないから

周囲を、自分と釣り合わない限りは受け入れようとしないっていう姿勢に固着させてしまっているんだろう、と、

菜緒って人からも、まったく同じ雰囲気をいつも感じるんだよね、

この2人がCMとか番組中に出てくると、俺は途端にチャンネルを変えたりしちゃうんだ、

いや、ほんとこれは、俺がまるっきりの先入観だけでのものだし、

どんな生き方や考え方を持っているのかも、まるっきり知らないで、こういう勝手な意見を言ってるわけなので、

この2人のこと、での話でもなく、

貧しいってのが美しい??。。。。なんで??

って問いかけに、あれこれきちんと実感をこちらにも与えてくれるような意見を言えない人、ってのは俺は、嫌っているようなところがある、

なんで、貧しい美しい、なのか、

それは、どう辛いのかを知っているからって返答だけでは、

まだまだ甘い青い、んだ、、、、と思うんだよね、

だって、ほら、

貧しいってのは、富を憧れるっていう点で、自分を下に置く中で、上を自分よりも上位のものと位置づける度量があるし、

そして、それを願うっていう素直さっていう、基盤が備わるってのがあるし、

あとは、自分の現状のダメな点を謙遜に受け入れる、わきまえる、自覚する、覚悟する、とかな、あれこれの正堂ってのがあるし、

そしてもちろん、同じ立場の人への共感や同情や労わり労い、慈しみ、っていう点で、心の器も広く整えられたものに、鍛錬させられ続ける中で、

助けずにはいられない!っていう、熱い人間性ってのも素敵に備わると思うし、

あとは、そういう人ってのは、仮に富を目指す道中をし始まるとして、その道すがらでは多くを拾って味わって、そして自分の糧にしていくっていう面での貪欲さってのをしっかり持つだろうから、

これは同時に、それぞれへの感謝にもしっかり繋がって、人間性っていう場所での成長っていうのだって、やがてはすごい豊かな実をつけていくだろうし、

とかとか、

とても一言では言い尽くせない、いろ〜〜〜んな面が、すごい多すぎるもんね、

上記のその二人が、これらを持っているんだろうか?、っていう点で、

俺はとても、そうは思えないので、なので嫌いです、


ここまで、
エンタの神様見て、いっぱい笑えるかな、笑えれば癒しになるかな、と視聴中です、

稀勢の里は辛勝だったけどま、よかった、

お笑いみるの、久しぶりだな〜、
では、ここまでご覧いただき、ありがとうございました、

m()m、、、、、
ちかりた、、

« 今年は楽ちん! - ひと言日記 | トップページ | はるかなレシーブ »